写真を自分で撮影すれば作成コストを大幅削減、クリエイター向け作成サービスプランをご紹介!

簡単かつ高品質の3DViewをあなたの手でつくりませんか?

Real3Diスタイル
STRATAスタイル

Real3Diスタイルとは?写真から3DViewを制作する弊社の標準サービスプランです。

 

STRATAスタイルとは?写真からSTRATAというソフトを通し3Dモデリングを行うことです、テクスチャは元となった写真がマッピングされ写真と比べても見劣りのないものに仕上がります。

 

左記の各画像をクリックするとサンプルの3DViewがご覧になれます。

 

お問い合わせはこちらから

モデリングデータのご紹介

STRATAで読み込んだ写真はポリゴンとして生成され、他の3DCGソフトでも編集が可能です。
テクスチャのマッピングも元となった写真から取り込むのでよりリアリティーのあるものに仕上がります。

ポリゴンデータ
写真から読み込んだものをSTRATAが自動でポリゴン形式にモデリングしたものです。
モデルデータ
表面のテクスチャを設定していないモデルデータです。ポリゴン同様、STRATAが自動で生成したものです。

テクスチャ設定モデル
写真のテクスチャをモデルに設定したものです。表面の材質など写真を使用したためとてもリアルです。

簡単かつ高品質の3DViewをあなたの手でつくりませんか?

Real3Diスタイル
STRATAスタイル

STRATAスタイルの特徴3DCGのため様々な応用ができます。STRATAではモデリングデータを書き出すことができるのでお持ちの3DCG作成ソフトで編集することができます。

 

 

下記のリンクより他のサンプルもご覧いただけます。

 

お問い合わせはこちらから

モデリングデータのご紹介

STRATAで読み込んだ写真はポリゴンとして生成され、他の3DCGソフトでも編集が可能です。
テクスチャのマッピングも元となった写真から取り込むのでよりリアリティーのあるものに仕上がります。

ポリゴンデータ
写真から読み込んだものをSTRATAが自動でポリゴン形式にモデリングしたものです。
モデルデータ
表面のテクスチャを設定していないモデルデータです。ポリゴン同様、STRATAが自動で生成したものです。

テクスチャ設定モデル
木目のような表面材質でも写真から自動で取り込みを行いマッピングを行いますので実物とほとんど違いはありません。
ページの先頭へ

©2015 CafeDigital,inc [Real 3Di]